投資マンションの売却タイミングを把握|高い収益を確保

模型

6年目の税率

模型と書類

インターネットという便利な情報網が全国各地に普及したことによって誰でも簡単にサイドビジネスや副業といった副収入を得られる市場へと参入できるようになりました。ビジネスの形には様々なものがあり、株式の購入や商品を仕入れてネットで販売するせどり、ネット広告を貼るアフィリエイトなどがあります。このようなビジネスモデルに加えて古くから馴染み深いのが不動産物件への投資となっています。中でも投資マンションは1棟でなく、1部屋から始められるお手軽な不動産ファイナンスなので初心者にもおすすめです。上手く、アタリの投資マンションを引き当てれば毎月安定した収益を確保することも可能でしょう。しかし、どんなに上手くいっている投資マンションでも引き際というものが大切です。
これを不動産ファイナンスの世界では出口戦略と読んでいます。投資マンションは売却するタイミングがいくつか存在しているので、そのような時期をしっかりと見極める力が大事になってくるのです。1つ目のタイミングとなっているのが投資マンションを購入してから6年目という節目です。なぜ6年目なのかというと、不動産は購入してから5年目までは譲渡時に約39パーセントの税が発生します。これが6年目以降の譲渡になると約20%まで軽減されるのです。売却に掛かる税金が半減すれば当然、得られる収益も増加することになります。投資マンションを購入した人は上記のポイントを覚えておき、6年目という節目で新しい投資マンションに手を出すのも良いでしょう。

家賃収入の安定化

お金と電卓

マンション経営やアパート経営の中では家賃収入が安定化しないパターンもあります。そのように収益が苦しい場面において有効活用できる効果的な方法が一括借り上げによる家賃収入安定化なのです。

詳細を読む

民泊ビジネスで収益化

男性

本業だけでなく、サイドビジネスで高い収益を確保できる時代となりました。サイドビジネスの中にはairbnbのような民泊ビジネスもあります。近年はairbnb関連の雑務を代行するサービスも登場するようになったのです。

詳細を読む

有事の際に便利

電卓を持つ人

賃貸物件を長く運営していると家賃を滞納する入居者が表れる可能性があります。そのような場合は揉め事に発展することもあるので、リスクを回避するためにも賃貸保証会社と提携しておくのが最適です。

詳細を読む